1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2009年

M&Aニュース 2009年

日本電信電話<9432>、資産運用サービスのエックスネット<4762>の株式をTOBで取得

2009年1月13日

日本電信電話は、子会社のエヌ・ティ・ティ・データを通じ、資産運用サービスのエックスネット(東京都新宿区)との間で資本業務提携契約を締結し、同社株式51%を公開買付(TOB)により取得することを決議した。エックスネットはTOBに賛同を表明している。

エックスネットは主に機関投資家向けに「XNETサービス」として知られる有価証券管理業務等のサポート事業を主力とする。日本電信電話は同社と資本業務提携することで、資本証券系の商品ラインナップの充実、保有顧客層の相互活用、高付加価値な新規サービスの創出を図る。

買付価格は1株17万3000円で、2009年1月9日までの過去3カ月間の終値の平均値8万6200円に対して約100.77%の、2009年1月9日の終値9万5200円に対して約81.83%のプレミアムを加えた。
買付代金は36億4000万円。買付期間は2009年1月14日〜3月2日。