1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2009年

M&Aニュース 2009年

東邦薬品<8129>、医薬品卸売業・調剤薬局事業のアスカムと経営統合

2009年1月9日

東邦薬品は、医薬品卸売業・調剤薬局事業のアスカム(仙台市。売上高633億円、営業利益3100万円、純資産49億1000万円)と経営統合することを決議した。同社はアスカムを完全子会社化の予定だが、統合方法の詳細は未定。

東邦薬品を核とする「共創未来グループ」は、医薬品等の流通企業集団として経営資源の積極的な活用による相乗効果の最大化を図っている。アスカムは秋田県を除く東北地方及び茨城県を商圏とする医薬品卸業と調剤薬局業を営む企業で、2000年10月に共創未来グループの一員となった。東邦薬品は持株会社制に移行するにあたり、アスカムの地域密着の営業基盤を保持しつつ、グループとしての経営資源を積極的に活用することで一層の営業力強化が図れると判断、経営統合に至った。

統合予定日は2009年10月1日。