M&A NEWS

2022/06/21

エルテス<3967>、第三者割当増資でバイオマス発電の環境エネルギー普及を子会社化

エルテスは21日、バイオマス発電・発熱事業を手がける環境エネルギー普及(岩手県紫波町。売上高630万円、営業利益71万8000円、純資産182万円)が実施する第三者割当増資を引き受け、連結子会社化することで、同社と基本合意に達したと発表した。

紫波町内には環境エネルギー普及の完全子会社で、太陽光発電事業を手がける紫波グリーンエネルギーがある。環境エネルギー普及を傘下に入れることにより再生可能エネルギーの活用を進め、同社が進めるスマートシティー事業で持続可能な都市づくりを推進するのが狙い。普通株式105株を引き受け、議決権所有割合は51.29%となる。取得価額は非公表。第三者割当増資引受予定日は2022年7月下旬。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。