M&A NEWS

2022/05/10

西尾レントオール<9699>、連結子会社のサコス<9641>をTOBで完全子会社化

西尾レントオールは10日、連結子会社のサコスにTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。持ち株比率を現在の86.13%から100%へ引き上げ、完全子会社化する。経営リソースを集約して「必要なときに、必要なものを、必要なだけ」供給できる体制づくりをするのが狙い。サコスはTOBに賛同の意見を表明し、株主に応募を推奨している。TOBが成立すれば、サコスの東証スタンダード市場での上場は廃止となる見通し。

買付価格は1株当たり432円で、公表前営業日での終値350円に対して23.43%、3カ月平均株価349 円に対して23.78%のプレミアムとなる。買付予定数は578万9278株で、上下限は設けない。買付代金は約25億円。買付期間は5月11日から6月21日までの30営業日。公開買付代理人はSMBC日興証券。決済開始日は6月28日。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。