M&A NEWS

2022/05/10

ETSホールディングス<1789>、送電線工事の中央電氣建設を子会社化

ETSホールディングスは、送電線工事の中央電氣建設(徳島県三好市。売上高3億7600万円、営業利益900万円、純資産2億9700万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。送電事業における相乗効果を期待している。取得価額は非公表。取得予定日は2022年6月1日。

中央電氣は1994年設立で、四国電力を主要顧客とし、鉄塔工事、電線張り替え工事などの送電線工事で実績を積んできた。中央電氣は5月9日付で同業の電友社(徳島市。売上高3億4200万円、営業利益2000万円、純資産1億8100万円)を子会社化している。

関連情報

M&A案件情報「SMART」SMART

譲渡や買収情報をインターネット上に掲載し、相手企業を探索するサービスです。ストライクの持つ独自のネットワークで多くの案件を取り揃えています。