1. ホーム
  2. ニュース&トピックス
  3. 新年のご挨拶について

ニュース&トピックス 2021年

新年のご挨拶について

新年、明けましておめでとうございます。

昨年度は、弊社として過去最多となる134組262件のM&A成約を仲介させていただき、前年に続き過去最高の業績をあげることができました。これもひとえに、クライアントの皆様のご愛顧と提携先の皆様のご支援の賜物と深く感謝しております。厚く御礼申し上げます。

今やM&Aは日常の光景になりました。事業の存続と成長を図るうえでM&Aは欠かせない手段だと言えるでしょう。政府もM&Aによる企業の再編を後押しする支援策を打ち出しました。

新型コロナウィルスの感染拡大は、幅広い産業分野に深刻な影響を与えています。弊社は、クライアントの皆さま、提携先の皆さまと一緒にコロナ禍を乗り越え、大切な雇用や技術などを存続させ、さらに発展できるよう全力でご支援しています。昨年、ある関西の料理旅館業の株式譲渡を成約まで担当させていただきました。コロナによる打撃を受けておりました。それでも譲渡企業様の価値がわかる企業は必ずあるはずだと信じ、ついに譲り受けていただける企業様と巡り合うことができたのです。一方で同じ頃、同地区にある別の料理旅館は、M&Aを検討することなく長い歴史に幕を閉じてしまいました。このような状況だからこそ、M&Aの可能性を信じて模索し続けることが大切なのだと、改めて実感いたしました。

弊社は今後も皆様のご期待にお応えできるような取り組みをしてまいります。昨年4月からは、買収を希望される企業の代わりに弊社が譲渡希望企業の探索を行う「プレマーケティングサービス」を本格的に開始しました。また、WEB上でのセミナーの開催数を増やすことにより、これまでセミナーに参加しづらかった方々への情報発信を強化しています。弊社の積極的な取り組みは、大手新聞やテレビなど多くのメディアに取り上げていただきました。

これからも現状に満足することなく、「M&Aは、人の想いでできている。」をモットーとして私たちの使命をまっとうするべく全力で業務に取り組んでまいります。本年も変わらぬご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

株式会社ストライク
代表取締役社長 荒井 邦彦

以上