STARTUP NEWS

メタップス、アズアンドコー株式会社を完全子会社化

メタップス
アズアンドコー

メタップスは、2018年8月28日付で、スマートフォン広告運用とアドテクノロジーに強みを持つアズアンドコーの株式取得、及び完全子会社化を実施したと発表した。

アズアンドコーは、スマートフォンに特化した広告運用体制やクリエイティブ開発、自社トラッキングツール/DMP/DSPなど、データを活用したアドテクノロジー技術を強みに持つ企業。

メタップスがグループとして保有しているAI技術や、スマートフォンアプリ領域におけるデータ解析やコンサルティングと連携することで、クライアント企業に対して、AIを活用したデータ解析、コンサルティング、メディアバイイング、クリエイティブ開発、広告運用までをワンストップで提供可能になると見込んだようだ。

アズアンドコー代表の川﨑龍太氏は立命館大学経営学部卒業後、大手人材系企業、ネット広告代理店を経て2007年4月に当社を設立。ここまで独立資本で運営をしてきたようで、2016年度の売上高は17億3600万円。