セミナー

  1. ホーム
  2. セミナー
  3. 2019年
  4. 「攻めと守り」に使えるM&Aセミナー

「攻めと守り」に使えるM&Aセミナー
~スタートアップ企業が知るべきM&A活用法~

「攻めと守り」に使えるM&Aセミナー スタートアップ企業が知るべきM&A活用法 参加無料 20名限定 株式会社ストライク・日本政策金融公庫共催 会場:渋谷 AP渋谷道玄坂渋東シネタワー 11F「会議室I」 4月17日 13:30~15:50(受付13:00~)

今、スタートアップ企業でも「M&A」に取り組むケースが目立つようになってきました。
自社が成長し続けるために必要な要素・・・販路拡大、技術、人材の融合によるイノベーション・・・これらをM&Aや業務提携で獲得し、成長エンジンとする会社が増えています。また、自社単独での成長にこだわらず、大手企業に資本参加してもらい、その経営資源を活用して一気にビジネスを拡大していく事例も多くみられます。創業する段階で、将来的なEXIT(経営の出口)戦略としてM&Aを念頭とされている会社も少なくありません。創業間もないスタートアップ企業にとってM&Aはまだ早いのではないか・・・そうして検討や判断を先送りにすることは、大きな機会損失につながりかねません。

本セミナーでは、スタートアップ企業の成長とEXIT戦略に欠かせない「M&A」の活用について、専門家や先駆者から、事例を通じてわかりやすくお伝えします。

M&Aに取り組むうえでのポイントは何か、自社であればどのように活用すべきかなど、将来の飛躍を目指す経営者の一助になれば幸いです。

  • お申し込み

日時・会場

時間:13:30~15:50(受付13:00~)
参加費:無料(事前登録制)

内容・プログラム

第1部

「事業のブレイクスルーとスタートアップ企業におけるM&A活用事例」

株式会社ストライク 代表取締役社長 荒井 邦彦

株式会社ストライク 代表取締役社長 荒井 邦彦

1993年4月、在学中に太田昭和監査法人(現:新日本有限責任監査法人)入社。1994年3月一橋大学商学部卒業。監査法人在職中に証券取引法・商法に基づく法定監査、株式公開のコンサルティング、M&A・金融機関の債権売却のデューディリジェンスなどを経験。1997年ストライクを設立し、数多くのM&Aに関与。2017年6月東証一部へ市場変更した。

第2部

「経験者が答える!スタートアップのM&Aに関するディスカッション」

ソラシードスタートアップスタジオ 代表 柴田 泰成 氏

ソラシードスタートアップスタジオ 代表 柴田 泰成 氏

2006年楽天株式会社に新卒入社。2010年に楽天社内の新規事業コンテスト優勝(1700件中1位)。2012年にリクルート入社。2013年7月にソラシード・スタートアップス投資事業有限責任組合(通称ソラシード)を設立。第一号投資先として、コンテンツマーケティング/ネイティブアドを支援するサムライト株式会社をファンド100%出資で設立し、自ら代表取締役として事業を推進(2016年4月、同社を朝日新聞社にバイアウト)。Forbes JAPAN 2017年1月号「日本を代表するベンチャー投資家ランキング」6位入賞。2018年5月より、スタートアップスタジオ型創業モデルの推進を目的に、「ソラシードスタートアップスタジオ株式会社」を設立するとともに、創業特化ファンド「ソラシードスタートアップスタジオ投資事業有限責任組合」を設立。

第3部

「スタートアップ企業向け融資制度紹介」

(株)日本政策金融公庫

お申し込み・お問い合わせ

詳細・お申し込みは下記よりお問い合わせください。
株式会社ストライク・セミナー事務局 電話 03-6865-7022 受付時間 9:00~18:00(土日祝日除く)

  • お申し込み
  • 無料相談のお問い合わせ