1. ホーム
  2. セミナー情報
  3. 2021年

セミナー情報

コロナ禍でも成長を続ける四国企業の特徴とは?~四国経済の展望とM&Aを活用した存続・発展のノウハウ~

コロナ禍でも成長を続ける四国企業の特徴とは?

新型コロナウイルス禍が続く中、M&Aを活用した経営戦略が注目を浴びています。自社単独での成長にこだわらず、M&Aで他社と提携し、手を取り合って困難を乗り越える企業が増えています。本セミナーの特別講演では、(株)東京商工リサーチ 四国地区本部 本部長兼高松支社長の立花正伸に登壇いただき、コロナ禍で成長を続ける四国企業の特徴とそのポイントを解説していただきます。第2部では、(株)ストライク高松オフィス長兼企業情報第11部長の吉本が、四国企業ならではのM&A活用法をお伝えいたします。

内容・プログラム

第1部:コロナ禍でも成長を続ける四国企業の特徴とそのポイント

(株)東京商工リサーチ 四国地区本部 本部長兼高松支社長 立花 正伸

立花 正伸 氏

大学卒業後、1992年(株)東京商工リサーチに入社し広島支社で調査員として企業調査に従事。本社営業本部部長、北九州支店長などを経て、2015年から現職。広島県出身。

第2部:コロナ禍で会社を維持・成長させるM&A活用術

(株)ストライク 高松オフィス長兼企業情報第11部長 吉本 和巨

吉本 和巨

大学卒業後、1992年香川銀行に入行。その後、経営改善・事業再生の専門部署に異動。2009年に経営改善・事業再生の専門家として独立し、㈱ウイニングパートナーズ設立。2012年に(株)ストライク高松営業所長に就任、2020年より現職。

日時

参加費:無料(無料登録制)

開催日 時間 お申込み
3月17日(水)※ライブ配信 13:30~15:00
3月24日(水)※録画配信 13:30~15:00
3月27日(土)※録画配信 9:30~11:00

お申込み

以下のボタンよりお申込みください。