1. ホーム
  2. セミナー情報
  3. 2021年

セミナー情報

建設業向けセミナー 建設業界の事業承継、M&Aの今

建設業界の事業承継、M&Aの今

昨今、多くの建設業会社が、後継者不在問題を解決するために、事業を第三者に引き継ぐ「M&A」を活用しています。本セミナーでは、建設業振興基金の総合支援マネージャーである山北浩史氏に登壇いただき、建設業界の事業承継やM&Aの現状と今後の方向性を対談形式で解説していただきます。第2部の対談では、後継者不在で悩まれていた会社を中心として8社を譲り受け、2015年に上場した(株)土木管理総合試験所の下平社長と、年間260件以上のM&A成約を支援している(株)ストライク社長の荒井が、建設業におけるM&Aの活用方法や実態をお伝えします。

内容・プログラム

第1部:【対談】建設業界の事業承継、M&Aの今

建設業振興基金 総合支援マネージャー 山北 浩史 氏

山北 浩史 氏

1982年に医薬品会社に入社。約3年の勤務を経て、経営コンサルタントとして独立。中小企業診断士、行政書士、知的財産管理技能士、IoTプロフェッショナル(MCPC)として、これまで全国の中小企業を総合的に支援。一般社団法人建設業振興基金 総合支援マネージャー、株式会社理夢コンサルティング 代表取締役に就任。

建通新聞社 東京支社報道部長 山本 倫弘 氏

山本 倫弘 氏

1992年建通新聞社入社。静岡支社、埼玉支社などを経て、編集局で国土交通省本省を担当し、建設業経営や技術者制度などを取材。その後メディア事業部では経営・技術関連の書籍やDVDの発行、建設業経営や入札契約制度改革、建設キャリアアップシステム関連のイベントなどを実施してきた。2020年4月から現職。

第2部:【対談】人を結び、地域の安全・安心を紡ぐM&A

(株)土木管理総合試験所 代表取締役社長 下平 雄二 氏

下平 雄二 氏

1995年、京都市生まれ。1985年10月、30歳の節目の年に前職で培った経験を活かし、社会インフラにおける土質・地質の調査・試験を請け負うコンサルタント会社、株式会社土木管理総合試験所を設立。以後代表取締役社長として事業をけん引する。創業30年目の2015年に東証2部に上場、翌年には東証1部に市場変更を果たす。M&Aを経営戦略として取り入れ、これまでに8社を買収して目覚ましい成長を遂げている。

(株)ストライク 代表取締役社長 荒井 邦彦

荒井 邦彦

1993年に太田昭和監査法人(現:EY新日本有限責任監査法人)に入社。公認会計士として勤務後、97年にストライクを設立し代表取締役社長に就任。以来、数多くのM&Aを成約に導いてきた。2020年度は134組262件のM&Aを成約している。2016年6月に同社株式を東証マザーズに上場。17年6月に東証一部へ市場変更した。

日時

参加費:無料(無料登録制)

対象:建設業界の経営者・経営幹部・経営者のご親族など

開催日 時間 お申込み
3月10日(水)※ライブ配信 13:30~15:00
3月18日(木)※録画配信 13:30~15:00
3月20日(土)※録画配信 9:30~11:00

お申込み

以下のボタンよりお申込みください。