1. ホーム
  2. セミナー情報
  3. 2019年

セミナー情報

M&Aによる新・成長戦略セミナー

講師プロフィール

第1部 「M&Aによる新成長戦略と活用事例紹介」

(株)ストライク 代表取締役社長 荒井 邦彦

(株)ストライク 荒井 邦彦

1993年4月、在学中に太田昭和監査法人(現:新日本有限責任監査法人)入社。1994年3月一橋大学商学部卒業。監査法人在職中に証券取引法・商法に基づく法定監査、株式公開のコンサルティング、M&A・金融機関の債権売却のデューディリジェンスなどを経験。1997年ストライクを設立し、数多くのM&Aに関与。2017年6月東証一部へ市場変更した。

(株)ストライク 取締役 金田 和也

(株)ストライク 金田 和也

大学卒業後、あずさ監査法人(現:有限責任あずさ監査法人)入所。金融機関向け監査証明業務などを経験。2009年ストライクに入社。後継者不在の企業経営者の課題解決をM&Aにより支援。近年はオーナー企業経営者のM&Aを活用した出口戦略を支援。2013年執行役員就任、2017年取締役就任。公認会計士。

(株)ストライク 執行役員 石塚 辰八

(株)ストライク 石塚 辰八

大学院修了後、信金中央金庫入庫。企業価値に関するレポート作成やM&Aアドバイザリー業務に従事。2005年ストライクに入社。製造業、運送業、印刷業、介護事業など様々な業種の成約実績を有する他、セミナー講師やレポートの執筆を通じて事業承継/M&Aの啓もう活動にも力を入れている。

(株)ストライク 部長 和久田 敏弘

(株)ストライク 和久田 敏弘

大学卒業後、地元金融機関に勤務。M&A、事業承継の専任担当者として、承継対策に関するコンサルティングからM&Aの実行支援を行う。2015年ストライクに入社。多様な業種のM&A支援実績があり、事業承継型M&Aのほか、中堅企業の戦略的M&A、民事再生・私的再生といった再生型M&Aなども幅広く手掛けている。

(株)ストライク 部長 相良 史明

(株)ストライク 相良 史明

大学卒業後、1995年常陽銀行に入社。主にM&A、事業承継の専任担当者として、承継対策に関するコンサルティングからM&Aの実行支援を行う。2017年ストライクに入社。前職からの通算で60件以上のM&Aの成約実績がある。

(株)ストライク マネージャー 鈴木 芳憲

(株)ストライク 鈴木 芳憲

新潟大学法学部卒。2004年独立系M&Aブティックに入社。2009年ストライクに入社。プロジェクト立案から新規開拓、提案、クロージング業務を経験。現在に至る。

第2部 「私がM&Aに取り組んだ理由」

タカラ物流システム(株)/タカラ長運(株) 元代表取締役会長 大谷 將夫 氏

タカラ物流システム(株) /タカラ長運(株) 大谷 將夫

タカラ物流システム、タカラ長運会長。京都出身。19歳で宝酒造に入社。食品事業部長、営業部長(調味料事業担当)などを務め、「タカラみりん」「すりおろしりんご」などのヒット商品の開発に携わり、宝酒造の脱酒類化を行った。その後、タカラ物流システム初代社長、長崎運送(のちのタカラ長運)社長に就任した。倒産寸前の長崎運送を8か月で1億円の黒字、タカラ物流システムを9年間で売上3倍、利益5倍に増やした経営者。主な著書に『儲かる会社に変える 貧乏人の発想 金持ちの行動』など。

キリンビール(株) 元代表取締役副社長 田村 潤 氏

キリンビール(株) 田村 潤

1973年、キリンビール入社。岡山工場労務課、本社勤労部門を経て、1995年に支店長として高知に赴任。その後、四国、東海地区の地区本部長を経て、本社代表取締役副社長兼営業本部長に就任。2009年、10年ぶりにキリンビールの全国でのシェア、首位奪回を果たした。2011年より100年プランニング代表。著書の「キリンビール高知支店の奇跡」(講談社+α新書)は22万部を超えるベストセラーになっている。

(株)いずみホールディングス 代表取締役社長 泉 卓真 氏

(株)いずみホールディングス 泉 卓真

複数の飲食チェーン店勤務を経て2004年に海産物専門卸のいずみを創業。その後、畜産物卸や農産物卸にも参入し、2012年にいずみホールディングスを設立、持ち株会社体制に移行した。2014年にインターネットを通じて生鮮品を販売する日本卸売市場を設立。船の上や畑の中から生中継による動画をウェブサイトで配信する「産直LIVE」をはじめとするITやテクノロジーを活用したサービスを展開し、日本最大の食品流通プラットフォームへ向けた取り組みを展開している。

(株)三和ライト工業所 元代表取締役 原田 良裕 氏

(株)三和ライト工業所 原田 良裕

愛知県春日井市で、主に自動車業界向けにプラスチック部品製造をしている三和ライト工業所。60年にわたり積み重ねてきたノウハウを基礎として、常なる独自の技術改善を行い、国内自動車メーカーだけでなく世界的な携帯電話メーカーの部品も製造してきた。2018年2月、後継者不在の解決を目的として、大手自動車部品メーカーに会社を譲渡した。

(有)柘植運送 会長 柘植 照夫 氏

(有)柘植運送 柘植 照夫

島根県出雲市で一般貨物運送業を手掛けている柘植運送。1955年に創業し、60年以上の業歴を有し、大手住宅メーカーの資材配送や製茶メーカー、大手OA機器商社など、安定した取引先の配送を継続して引き受けている。2019年2月、後継者不在の解決を目的として、中国・近畿地方を拠点とする大手一般貨物運送会社へ会社を譲渡した。

(株)第一施設工業 取締役会長 篠原 統 氏

(株)第一施設工業 篠原 統

1967年に第一施設工業を創業。当初は大手メーカーの下請企業として事業を進めていたが、メーカーを目指し、独自の超高速リフトを開発。半導体工場のクリーンルームで使われる輸送装置において世界で8割のシェアを占めるまで躍進した。2017年、当時の常務取締役に代表権を譲り、自身は取締役会長に就任した。

(株)シーケル 元CEO 武藤 猛 氏

(株)シーケル 武藤 猛

茨城県を地盤とし、県内の人材派遣/製造請負業界では圧倒的なシェアを誇るシーケル。製造業を中心に300社近くの取引先があり、地域に密着しながら堅調に成長を続けてきた。2019年2月、後継者不在の解決と更なる事業の飛躍を目的として、製造業や人材サービス業への投資実績が豊富な投資会社に会社を譲渡した。

プロステージ(株) 前代表取締役 松井 明 氏

プロステージ(株) 松井 明

八王子を拠点に、人材派遣業を中心とした総合人材サービス業を多摩エリアで展開してきたプロステージ。人材派遣業としては異色の「高く仕入れて安く売る」――派遣社員には良い待遇を、派遣先企業には低廉価格を提供することをモットーに、地域密着型で多くの優良企業から愛され成長を果たしてきた。2015年9月には、後継者不在を理由に、大手人材関連サービス企業に会社を譲渡した。

(株)エフ・イー・シー 前代表取締役社長 野崎 敦雄 氏

(株)エフ・イー・シー 野崎 敦雄

1975年、超高真空機器の開発と製造を行なう不二越エンジニアリング株式会社を設立。2000年、海外を含め高い評価を得る非接触駆動伝達機構「マグトラン」を開発。同年、社名を株式会社エフ・イー・シーに変更。その後、後継者不在を解決するためにM&Aを決断し、2006年に上場している真空装置メーカーへ株式を譲渡した。