インタビュー

徹底的に人と向き合い、声を聞きます。

Profile

東出 謙人

企業情報部

入社・志望のキッカケについて

ストライクを志望したキッカケは、M&A業界への憧れでした

大学生当時、学校でお世話になっていた先生が弁護士として、M&Aのリーガルアドバイザーをされていたことでした。そのことがきっかけで、M&Aの業界について大きな興味を持ち、同時にM&Aの業界に絞って就職活動を行なうことに決めました。しかし、M&A業界は即戦力を求める傾向が強く、ほとんどの会社が新卒の募集を行っていませんでした。ストライクの事を知ったのは、なんとか新卒募集をしている企業はないかと、めぼしい会社を探している時でした。合同説明会では、ストライクの方のプレゼンテーションを実際に受ける機会があったのですが、非常に洗練された内容で、他の会社と比較しても堂々としていたその姿に、私はストライクのレベルの高さを感じました。その時から、自分の中でストライクへ行きたいという気持ちが大きくなっていきました。

M&Aという泥臭い仕事

元々私はM&Aという業界にあまり良いイメージを持っていませんでした。リクルートサイトの紹介では、どこも難しい言葉が並んでいて、専門用語できっちりとした資料を作り、きっちりとしたプレゼンをする、上から目線の業界といったイメージでした。しかし、実際に働いてみると私が持っていたイメージとはまるで違うものでした。難解な資料を用意したり、型にはまったプレゼンをするといったことはほとんどなく、クライアントとの対話を通じて、地道にコツコツと関係を築いていく、意外と泥臭い仕事なんだと感じました。仕事をする上で、沢山の経営者の方々と出会い、様々な刺激を受けます。そこで聞くお話は、自分にとって新しい発見も多く、他にはない、非常に貴重な経験ができる仕事だと感じています。

自分の時間ペースで働ける職場

仕事の形式上、それぞれの社員が、まるで個人事業主のように自分の裁量で動いており、その分常に大きな責任が問われます。一つの組織ではありますが、程よい距離感があり、風通しのよい職場だと思います。また、様々な経験を持つ人が集まっているので、皆が豊富な知識を共有し、困った時は助け合うことができる職場だと思います。いそがしい業務の中でも、みんなそれぞれ個人の時間を大切にしながら働いています。業務時間内で仕事をきっちりとこなし、定時で帰る人もいれば、さらに高い成績を目指し、残って働いている人もいる、立場は関係なく、それぞれの働き方ができています。マネージャークラスであっても「家事があるから早く帰る」なんていうことも、ストライクでは日常です。

東京と高松の架け橋になりたい

M&Aの舞台は東京だけではありません。現在、私は主に高松エリアを任せてもらっています。四国はまだまだ成長途上にあるコミュニティですが、市場を開拓し、その中でストライクを一番の会社にするために、高松営業所の所長と二人三脚で頑張っています。そして、いつか高松と東京の架け橋になれることを夢見ています。

将来共に働くみなさまへ

良い「未来を提供できるM&Aを作るという信念」これから共に働く仲間へ

ストライクはとても明るく楽しい職場です。きちんと努力すれば、きちんと認めてもらえる、当たり前のようでなかなか実現できない環境がストライクにはあると思います。企業規模は大きくなっても、常にフロンティアスピリットにあふれていて、チャレンジ精神を持った人を、親身に応援してくれる会社です。責任を与えられ、やる気がある人を応援してくれる環境なので、ここで働くには、自分で最後まで責任を持ち業務を遂行出来る人、行動力がある人が向いていると思います。

M&A業界では信頼が第一で、仕事上、クライアントととても仲良くなることがあります。人生を大きくかえるM&Aを、打ち合わせを重ねながら一緒に考えていくわけですから、そこでできる信頼関係は並大抵のものではありません。そして、いざ成約のときになるとお互いにふと寂しくなる。成約で関係がぱたりと終わってしまう訳ではありませんが、やはりこれまでのように頻繁にやりとりをしている関係とは変わっていくのが、無事にまとまり嬉しい反面、少し寂しく感じられてしまう。そういった心のやりとりが感じられる仕事ができているのもストライクの魅力かもしれません。