M&Aによる課題解決

  1. ホーム
  2. M&Aによる課題解決
  3. M&A用語集
  4. 第三者割当増資

M&A用語集

第三者割当増資(ダイサンシャワリアテゾウシ)

特定の第三者に新株を割り当てて実施する増資のこと。原則として増資時点での時価により実施しなければならないが、株主総会の特別決議で可決された場合は時価より低い価格での実施 (有利発行) も可能。

買い手企業が株式を取得するところは株式譲渡と同様であるが、新株引受は対価が売り手企業 (売却企業) に入る。

売り手企業のオーナーの手元に現金は入らないかわりに、株式は持ち続けることが可能 (ただし持株比率は下がる)。

経営はそのまま継続したいが資金繰りが厳しいなどの理由でM&Aを希望される場合、第三者割当増資が望ましい。またこの変形型として、「新株予約権の割当」がある。

((C) M&A仲介の株式会社ストライク)