M&Aによる課題解決

  1. ホーム
  2. M&Aによる課題解決
  3. M&A用語集
  4. 三角合併

M&A用語集

三角合併(サンカクガッペイ)

合併の際に、消滅会社の株主に対して、存続会社の株式ではなく存続会社の親会社の株式を割当てる合併手法のこと。

外資系企業の日本法人と日本企業が合併すると、外資系企業の日本法人に対する出資比率が下がるなどのデメリットがあったが、三角合併では日本法人に対する出資比率を維持できるというメリットがある。

ただし、「三角合併時の税制が未整備である」、「日本の証券市場に上場していない外国企業が日本人株主に株式を割当ててもメリットがない」といった問題点がある。

((C) M&A仲介の株式会社ストライク)