事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2018年
  5. ひかりホールディングス<1445>、タイル工事のセラミックワンを子会社化

M&Aニュース 2018年

ひかりホールディングス<1445>、タイル工事のセラミックワンを子会社化

2018年11月1日

ひかりホールディングスはタイル工事業のセラミックワン(横浜市。売上高7億9200万円、営業利益756万円、純資産1億6300万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

セラミックワンは1997年にタイル工事専門として設立し、マンション施工を中心に展開している。ひかりホールディングスはグループ企業を通じてエクステリア(外構)工事で使われるタイル、レンガ、石材などの加工業務やタイル建材の輸入販売を手がけている。セラミックワンを取り込むことで、グループ各社との事業シナジー(相乗効果)が期待できるとしている。


取得価額は3億円。取得日は2018年11月1日。