事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2016年
  5. 朝日工業<5456>、環境調査・分析を行う連結子会社を譲渡

M&Aニュース 2016年

朝日工業<5456>、環境調査・分析を行う連結子会社を譲渡

2016年5月2日

朝日工業(株)は、土壌・水・大気等環境に係る調査・分析およびコンサルティング、放射能の測定業務を行う連結子会社である(株)環境科学コーポレーション(売上高6億4200万円、持株比率100%、以下「EAC」)の発行済株式の全てを譲渡する決議を行い、同日、株式譲渡契約を締結した。

環境関連事業の拡大の一環として2005年12月にEACの全株式を取得し、環境ソリューション事業の中核として位置付け、現在まで連結子会社として事業を展開してきた。今般、譲渡相手先であり食品・環境・医薬品検査事業をグローバルに展開する企業グループであるEurofins Environment Testing LUX Holding S.à r.l. (ルクセンブルク、以下「ユーロフィン」)からの株式取得の申し出を受け、グループとしての事業戦略について検討を重ねた結果、基盤事業である鉄鋼建設資材事業、肥料事業を中心に経営資源のシフトを徹底するため、保有するEACの発行済株式の全てをユーロフィンへ譲渡することを決定した。

株式譲渡価額は非公表。
株式譲渡実行予定日は2016年5月31日。