事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2016年
  5. 相鉄ホールディングス<9003>、子会社の砂利採取事業会社を譲渡

M&Aニュース 2016年

相鉄ホールディングス<9003>、子会社の砂利採取事業会社を譲渡

2016年3月24日

相鉄ホールディングス(神奈川県)は、完全子会社で神奈川県、茨城県及び栃木県において砂利採取事業を行う相鉄鉱業(神奈川県、売上高5億円、営業利益△4千万円、純資産8億円)の全株式を、神奈川県の鉱区にて連携して砂利事業を行っている骨材の生産販売を行う松上産業(神奈川県)へ譲渡することを決議した。

相鉄ホールディングスは、相鉄鉱業の神奈川県内の砂利事業について、過去数年赤字が継続していること、生産に必要な重機やプラントが老朽化し、更新に多額の投資が必要となる可能性があること、砂利採取後の土地を整備するためにこの後十数年間の事業継続が必要であること等を踏まえ、松上産業との間で、相鉄鉱業の事業の承継について協議を重ね、譲渡することとした。

株式譲渡価額は非公表。
株式譲渡実行日は平成28年3月24日。