事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2011年
  5. 平和<6412>、PGMホールディングス<2466>の株券等の公開買付を開始

M&Aニュース 2011年

平和<6412>、PGMホールディングス<2466>の株券等の公開買付を開始

2011年10月26日

平和は、PGMホールディングスを連結子会社とすることを目的に公開買付を実施する。
平和は、PGMホールディングスの筆頭株主であるLSF Transcontinental Holdings SCA(以下「LSF 社」という。)との間で、公開買付応募契約を締結し、LSF社が保有するPGMホールディングス株式760,000株(株式所有割合60.90%)の全部について公開買付に応募する旨、合意している。

買付期間は、平成23年10月27 日(木曜日)から平成23年11月28 日(月曜日)まで。
買付価格は、普通株式一株当たり52,000円。
買付予定数は、1,247,990株。
買付予定数の下限は、625,243株。下限に満たない場合は、応募株券等の全ての買付は行はず、下限以上の場合は、応募株券等の全てを買付ける。
買付総額は、64,895百万円。
買付価格に付されたプレミアムは、30.5%(本日終値比)。

今回の公開買付は、PGMホールディングスの株式全ての取得又は上場廃止を企図してはいない。しかし、取得株券等の数に上限を設けていないため、場合によっては上場廃止基準に抵触する虞があるが、その場合は、上場廃止を回避するための方策についてPGMホールディングスと誠実に協議し検討した上で、PGMホールディングス株式の上場が引きつづき維持されるよう最善の努力を行う予定。
PGMホールディングスは、この公開買付に賛同の意見表目を行っている。