事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2011年
  5. レカムホールディングス<3323>、光通信との資本および業務提携

M&Aニュース 2011年

レカムホールディングス<3323>、光通信との資本および業務提携

2011年4月15日

レカムホールディングス及びレカムホールディングスの連結子会社のWizBizと光通信が、資本および業務提携を行う。

レカムホールディングスグループは、情報通信機器の開発製造、販売、インターネットサービス、ビジネスマッチングサービス、BPO(Business Process Outsourcing)等、中小企業に対する情報通信に関するあらゆる商品及びサービスを提供するワンストップサービスカンパニーを目指し、事業展開している。
一方、光通信は、強みである営業力を活かし、全国に広がる販売網を通じて、携帯電話、OA機器、保険、インターネット関連サービス等の販売・契約取次を行っている。

レカムホールディングスグループが展開する、オリジナル商品のIPビジネスホン「anoa(アノア)」の拡販や、WizBizが管理運営を行っているポータルサイト「WizBiz(ウィズビズ)」によるビジネスマッチングサービスのOEM展開を行い、また、光通信が取り扱うインターネットプロバイダーサービスや携帯電話等の商材を当社グループでも販売を行うことで業務提携する。
また、ビジネスマッチングサービスのOEM展開にともない、より本提携を強固なものにするため、光通信は、レカムホールディングスの株式及びWizBizの株式を取得する。

光通信が取得するレカムホールディングスの株式は、11,000株(所有割合4.9%)。
また、光通信が取得するWizBizの株式は、203株(所有割合35%)。