事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2011年
  5. 日立キャピタルオートリースと住友三井オートサービスがオートリース事業で業務・資本提携

M&Aニュース 2011年

日立キャピタルオートリースと住友三井オートサービスがオートリース事業で業務・資本提携

2011年3月31日

日立キャピタル、日立キャピタルオートリース、住友商事、三井住友フィナンシャルグループ、および住友三井オートサービスは、オートリース事業の戦略的共同事業化を目的とする業務・資本提携について基本合意書を締結した。

住友商事が保有する住友三井オートサービスの無議決権種類株式を全て普通株式へ転換後、日立キャピタルが、住友商事の保有する住友三井オートサービスの株式の4,750,566 株~6,334,088 株(発行済株式総数の15%~20%)を取得し、日立キャピタルは、その保有する日立キャピタルオートリースの株式の2,940 株(発行済株式総数の49%)を住友三井オートサービスへ譲渡する。

譲渡価格は、今後、住友三井オートサービスおよび日立キャピタルオートリースに係るデューデリジェンスおよび第三者評価機関による株式価値の評価結果等を踏まえ、最終契約までに決定する予定。