事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. イオン<8267>、サンデー<7450>の普通株式に対する公開買付を開始

M&Aニュース 2010年

イオン<8267>、サンデー<7450>の普通株式に対する公開買付を開始

2010年12月21日

イオンは、サンデーの株式の53.84%を所有し、サンデーを連結子会社としているが、サンデーの大株主である吉田興産協同組合(所有株式数1,244,000 株、株式所有割合11.56%)及び吉田産業(所有株式数1,230,520 株、株式所有割合11.44%)が保有する株式を買付けることを目的として、公開買付を実施する。

買付期間は、平成22年12月2 日(水曜日)から平成23年1月26日(水曜日)まで。
一株当り買付価格は、463円。
買付予定株式数は、2,474,520株を予定しているが、上限下限を設定しないため応募株券等の全てを買付ける。
買付予定数を買付けた場合の買付代金は、1,145百万円。

この公開買付による、上場廃止はイオン、サンデーとも企図していない。