事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. シャープ<6753>、米国の発電開発事業者リカレント社を完全子会社化

M&Aニュース 2010年

シャープ<6753>、米国の発電開発事業者リカレント社を完全子会社化

2010年11月5日

シャープは、米国のソーラーディベロッパー Recurrent Energy, LLC(以下、リカレント社)の買収手続きを完了し、リカレント社を完全子会社とした。
買収金額は、305百万ドル(1ドル81円で換算した場合の買収価格は、24,705百万円)。

北米ソーラー市場は、電力会社向けプロジェクトを中心に、大幅な需要の拡大が見込まれている。この電力会社向けビジネスでは、ディベロッパーの役割が大きく、リカレント社は、電力会社と連携し、太陽光発電プラントの開発・販売までを行う米国大手のソーラーディベロッパー(太陽光発電プラントの開発事業者)。
また、同社はアメリカ・カナダを中心に約2GWのプラント開発案件を保有するとともに、欧州等でも事業を展開している。

シャープは、リカレント社を完全子会社化することにより、ソーラー事業の更なる拡大に重要なディベロッパー機能を持つこととなる。