事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. セキュアード・キャピタル・ジャパン<2392>の普通株式及び新株予約権に対する公開買付

M&Aニュース 2010年

セキュアード・キャピタル・ジャパン<2392>の普通株式及び新株予約権に対する公開買付

2010年11月4日

パシフィック・アライアンス・グループ・ホールディングス・リミテッド及びイーエル・ビッドコ・リミテッドは、セキュアード・キャピタル・ジャパンの普通株式及び新株予約権に対する公開買付を開始する。パシフィック・アライアンス・グループ・ホールディングス・リミテッド及びイーエル・ビッドコ・リミテッドは、今回の公開買付を行う目的で設立された、ケイマン諸島に本社を置く特別目的会社。
今回の公開買付は、パシフィック・アライアンス・グループ・リミテッドとセキュアード・キャピタル・ジャパンとの経営統合を目的として行われる。また、セキュアード・キャピタル・ジャパンは、今回の公開買付に対して賛同の意見を表明している。

パシフィック・アライアンス・グループ・リミテッドグループは、アジア地域で最大級のオルタナティブ資産運用会社として、香港、上海、北京及び東京に拠点を有し、主に有価証券、債権、不動産等に対する投資ファンドの運用にかかわる投資顧問業務を行なっている。
今回の公開買付により両者の経営を統合することにより、日本及び中国を含むアジア地域におけるヘッジ・ファンド、プライベート・エクイティ・ファンド、不動産ファンド及びディストレス債権投資等の分野における優れた業務基盤を有するアジアのリーディング・オルタナティブ投資顧問会社を構築することを目指す。

公開買付期間は、平成22年11月5日から平成22年12月10日まで。
買付価格は、普通株式1株につき86,000 円。新株予約権は新株予約権1個につき1円。
本日の終値で計算した、今回の公開買付の買付価格に付されたプレミアムは26.3%。
今回の公開買付では、買付予定の株券等の数に上限、下限のいずれの条件も付しておらず、応募株券等の全部の買付を行う。買付予定の株式数は102,167株。
買付代金総額は、8,786百万円。

今回の公開買付では買付等を行う株券等の数に上限は設定していないため、公開買付の結果、東京証券取引所の上場廃止基準に抵触した場合、所定の手続きを経て上場廃止となる可能性がある。また、当該基準に該当しない場合でも、公開買付の終了後に、全部取得手続きを実施することを企図しているため、これが実行された場合は、上場廃止となる。