事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. シャープ<6753>とカルチュア・コンビニエンス・クラブ<4756>がツタヤガラパゴスを共同設立

M&Aニュース 2010年

シャープ<6753>とカルチュア・コンビニエンス・クラブ<4756>がツタヤガラパゴスを共同設立

2010年10月5日

シャープとカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)は、メディアタブレット「GALAPAGOS」向けに、新聞や雑誌に加え、映像や音楽などのエンターテイメント系コンテンツを配信するエンターテイメントコンテンツストアの本年12月の共同開設に向けて、合弁会社設立を含むコンテンツサービス事業の業務提携に関する基本合意書を締結した。

エンターテイメントコンテンツストアの名称は「TSUTAYA GALAPAGOS」、運営する会社の名称は未定。新会社の出資比率は、シャープ49%、CCC51%を予定している。

TSUTAYA GALAPAGOSでは、新聞、雑誌、コミックなどの書籍コンテンツに加え、映像・音楽・ゲームなどを含むエンターテイメントコンテンツについて、国内最大級のラインナップ数を取り揃え、さらに、シャープの「GALAPAGOS」端末機器およびサービスプラットフォームを活用し、読書の途中に関連した動画をストアから探して閲覧できるなど、ジャンルの枠を超えて既存のコンテンツを融合した新しいマルチエンターテイメントサービスの提供も考えている。

合弁会社の運営による第1弾の電子ブックストアサービスを本年12月にスタートさせ、次いで来春を目処に、映画や音楽などのエンターテイメントコンテンツを拡充したサービスの提供を行う予定。