事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. ハネックス<5267>と日本ゼニスパイプ<5274>が共同持株会社を設立し経営統合へ

M&Aニュース 2010年

ハネックス<5267>と日本ゼニスパイプ<5274>が共同持株会社を設立し経営統合へ

2010年9月17日

ハネックスと日本ゼニスパイプは、平成23年4月1日を目処に、株式移転による共同持株会社方式により経営統合を進めるために、「経営統合に関する基本合意書」を締結した。

ハネックスと日本ゼニスパイプは、いずれも下水道関連のコンクリート二次製品の製造・販売を主力事業としている。
両社は、生産地域や営業アイテム等で補完性が高く、経営統合することで、生産拠点の統合や販売体制の強化・拡充によって、収益力の向上さらには経営基盤の強化が図れると考えている。

両社は、株式移転による共同持株会社を設立し、その完全子会社となるため、両社とも上場廃止となり、完全親会社となる共同持株会社が上場申請を行う予定。

移転の日程は以下のとおり。

平成22年10月下旬(予定)
   株式移転比率決定、株式移転計画書の作成、経営統合の最終契約書締結

平成23年 1月中旬(予定)
   両社による株式移転計画承認株主総会

平成23年 4月 1日(予定)
   共同持株会社設立登記日及び株式移転効力発生日

平成23年 4月 1日(予定)
   共同持株会社株式上場日