事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. ANA<9202>、LCC(ローコストキャリア)に関する共同事業に出資

M&Aニュース 2010年

ANA<9202>、LCC(ローコストキャリア)に関する共同事業に出資

2010年9月9日

全日本空輸(以下「ANA」という)とファーストイースタン投資グループ(香港。以下「FE」という)は、関西国際空港を拠点としたLCCに関する共同事業へ出資する。

成長する経済を背景に、東アジアと日本各地の旅客流動は今後一層の拡大が期待されている。ANAは、このような環境変化、顧客志向の多様化を踏まえ、ANAブランドとは異なる、これまでの常識を覆す低価格の航空会社による、新規需要創造の必要性を感じていた。

一方、FEは、中国を中心とするアジアのボリュームゾーンにおいて顕在化する旺盛な旅行需要、とりわけ観光立国推進に取り組む日本を訪れる中国人旅行者数の拡大に着眼し、共同で航空や観光分野の事業開発に取り組めるビジネスパートナーを求めていた。

この2社の考えが一致し、ANAとFEは、協力して日本における初の国内線・国際線LCC事業開始の合意に至った。
新会社の出資比率は、国内投資家66.7%(うちANA40%未満)、FE33.3%(全体の1/3未満)を予定。

両社が共同で目指すLLC事業は、ANAとは別ブランド、別コード(ANA便名ではない)での運航、単一機種による徹底した単純折り返しパターンによる低コスト運航、徹底したシンプルサービス、システムによる自動化対応、最大座席数を配置した機材の導入と選択性サービスの有料化、LCC環境整備の最大活用と従業員の高生産性の実現等を行い徹底したローコスト事業となる予定。