事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. 明光ネットワークジャパン<4668>、ユーデックの株式を取得し、持分法適用関連会社化

M&Aニュース 2010年

明光ネットワークジャパン<4668>、ユーデックの株式を取得し、持分法適用関連会社化

2010年9月2日

小中高向け個別指導の補習塾「明光義塾」、医系大専門予備校「東京医進学院」を展開している明光ネットワークジャパンは、関西圏における私立中学受験情報誌及び公立・私立高校受験情報誌「がくあん」を発行しているユーデックの議決権の19.2%を取得し、持分法適用会社化する。

明光ネットワークジャパンは、今回の株式取得により、ユーデックが有する関西圏における中学受験や公立・私立高校受験の情報や、全国進学模擬試験を「明光義塾」で活用することを検討するとともに、学習塾採択教材のデリバリーサービスの活用を検討し、多様化する顧客ニーズに対応できる体制を構築する。
また、明光ネットワークジャパンからユーデックに対し、役員を派遣する予定。

ユーデックの平成22年3月期の売上高、営業利益、純資産はそれぞれ、577百万円、3百万円、163百万円。一株当り純資産は82,745円。

取得する株式は380株。取得する内訳は、既存株主から180株、ユーデックの自己株式を200株、それぞれ一株当り50千円で取得。取得価額総額は、19百万円。