事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. 楽天<4755>、楽天銀行を株式交換により完全子会社化

M&Aニュース 2010年

楽天<4755>、楽天銀行を株式交換により完全子会社化

2010年8月19日

楽天は、楽天銀行(当時の商号はイーバンク銀行)の完全子会社化を目指して、平成22年3月19日から平成22年4月30日まで、楽天銀行の発行する普通株式及び新株予約権証券を対象とする公開買付けを実施した。その結果、平成22年6月30日時点において、楽天は楽天銀行の普通株式2,080,787 株(楽天銀行の平成22年3月31日現在の発行済株式総数に占める所有割合で88.57%、総株主等の議決権の数に占める議決権保有割合で96.11%)を取得した。

今回楽天は、公開買付時目指した楽天銀行の完全子会社化を目的として、株式交換を実施する。
今回の株式交換は、楽天銀行の普通株式1株につき、楽天の株式0.52 株を割当交付する。
株式交換により交付する楽天の株式の数は、約68千株。
楽天の楽天銀行株式の取得価額は、約42億円。