事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. 陽光都市開発<8946>、連結子会社である陽光ビルシステムを売却

M&Aニュース 2010年

陽光都市開発<8946>、連結子会社である陽光ビルシステムを売却

2010年8月16日

投資用マンション「グリフィン・グリフォーネシリーズ」の企画・販売を横浜市中心に展開している陽光都市開発は、連結子会社である陽光ビルシステムをユナイテッドコミュニティーズに売却することを目的とした基本合意を、ユナイテッドコミュニティーズと締結した。

陽光ビルシステムは、平成21年7月に設立され、建物管理事業を営んでいる。
陽光都市開発は、この株式売却によって資金増強を図り、主力事業である投資用マンション事業における未着工用地の事業化を促進し、本格的な事業回復を図る予定。

ユナイテッドコミュニティーズは、投資事業有限責任組合アドバンテッジパートナーズⅣ号が議決権の42%を保有する、不動産管理業会社の保有及び当該会社に対するコンサルティングを業務としている会社。

陽光都市開発が売却する株式は、600株(議決権の100%)。譲渡価格は、現在交渉中のため確定していない。