事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. ラオックス<8202>、第三者割当により新株を発行

M&Aニュース 2010年

ラオックス<8202>、第三者割当により新株を発行

2010年8月16日

ラオックスは、蘇寧電器股分有限公司の100%孫会社であるGRANDA MAGIC LIMITED及び日本観光免税に対して第三者割当によって発行される新株式の募集を行う。
発行する株式総数は、26,595,745株。そのうちGRANDA MAGIC LIMITEDに21,276,596株、日本観光免税に対して5,319,149株を割当てる。発行価額は94円、調達する資金総額は2,500百万円。
今回の第三者割当増資を引受けることで、昨年8月の第三者割当増資と合わせて、蘇寧電器股分有限公司及び日本観光免税の持株比率は、それぞれ33.8%と25.02%となる。

今回調達した資金は、ラオックスが昨年11月に策定した、「国内店舗事業」「中国出店事業」「貿易仲介事業」の3事業を主要事業とした中期経営計画を推進し、財務体質と経営基盤を強化し黒字転換するために、国内新規出店に1,600百万円、中国本土への出店に300百万円、仕入その他の運転資金に400百万円、借入金の返済に200百万円、支出される予定。