事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. 旭化成エレクトロニクス、旭化成東光パワーデバイスを100%子会社化

M&Aニュース 2010年

旭化成エレクトロニクス、旭化成東光パワーデバイスを100%子会社化

2010年7月28日

旭化成<3407>の連結子会社である旭化成エレクトロニクスは、東光<6801>から、東光が保有する旭化成東光パワーデバイスの株式の全数を買い取り、旭化成エレクトロニクスの100%出資の子会社とする。

旭化成エレクトロニクスは、2009年4月1日付で東光から半導体事業を譲受け、旭化成東光パワーデバイスを設立した。旭化成エレクトロニクス及び東光は、旧東光半導体事業の顧客との取引関係をスムーズに継承することを目的として、東光が旭化成東光パワーデバイスの株式の20%を保有し、事業移管から3年後に旭化成エレクトロニクスへ全株式を譲渡し、旭化成エレクトロニクス100%出資の子会社とすることを予定していた。

今回はこの予定を前倒しして実施した。