事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. CFSコーポレーション<8229>、タキヤおよびミニストップ<9946>3社、合弁会社設立で基本合意

M&Aニュース 2010年

CFSコーポレーション<8229>、タキヤおよびミニストップ<9946>3社、合弁会社設立で基本合意

2010年7月13日

CFSコーポレーション、タキヤおよびミニストップの3社は、イオンの連結子会社であるドラッグストア2社の専門的知識・経験・ノウハウとミニストップのFCノウハウ、商品開発力および各経営資源を融合させ、より競争力のある新業態店舗を創出、追求し、協業による各社の成長戦略を実現することを目的とし、2010年5月21日付で業務提携契約を締結した。
そしてこのたび、協議してきた内容を事業として着実に展開するため、3社の共同出資による新会社を2010年8月を目処に設立することで基本的に合意した。
今後は、新会社を中心に新業態店舗展開に向けて具体的な内容の協議を進める。

新会社の出資比率及び出資額は、ミニストップ51% 249百万円、CFSコーポレーション 30% 147百万円、タキヤ19% 93百万円。

新会社は、ドラッグストアとコンビニエンスストアの専門性と利便性を兼ね備えた地域ヘルスケアステーション&生活支援ステーションを新業態として開発し、新業態店舗向けのIT統合と物流網の構築により、MD政策を兼ね備えた新たなFCビジネスを展開する。

新会社名は、株式会社れこっず(英文表記:RECODS.Co.,Ltd.)