事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. インプレスホールディングス<9479>、メディカルトリビューンの事業の全部を譲渡

M&Aニュース 2010年

インプレスホールディングス<9479>、メディカルトリビューンの事業の全部を譲渡

2010年6月9日

インプレスホールディングスは、連結子会社(所有割合82.7%)であり、医療分野においてメディア事業を行っているメディカルトリビューンの事業の全部を、エムシーピースリーフェブラリーへ譲渡する。

インプレスホールディングスは、メディカルトリビューンの株式上場の継続的な支援を前提に、医療分野への事業領域の拡大を目的として、2005年3月にメディカルトリビューンを子会社化した。
しかし、メディカルトリビューンの株式上場については、株式市場の低迷等により、当初の想定より実現に時間がかかることとなり、また子会社上場に関する規制も強化されたことから、メディカルトリビューンの事業売却により投資資金の回収を図る。

エムシーピースリーフェブラリは、マネジメント・バイアウトの支援を目的に設立されたMCPⅢ投資事業有限責任組合が過半数を出資する予定の買収目的会社。
インプレスホールディングスは、エムシーピースリーフェブラリが、2010年7月に予定している25億円規模の増資に際し、エムシーピースリーフェブラリーの株式の20%を取得し、持分法適用関連会社として医療分野の事業領域を維持する。

譲渡価格は、5,300百万円。