事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. アステラス製薬<4503>、米OSI Pharmaceuticals社に対する株式公開買い付けを終了

M&Aニュース 2010年

アステラス製薬<4503>、米OSI Pharmaceuticals社に対する株式公開買い付けを終了

2010年6月8日

アステラス製薬は、米OSI Pharmaceuticals, Inc.の全発行済普通株式を1株当たり現金57.50米ドルで買い取る公開買付けについて、Subsequent Offer Period(※)が米国東部時間2010年6月7日に終了したことを発表した。

アステラス製薬は、OSI Pharmaceuticals社株式の公開買付けにまだ応募していない株主に対して応募の機会を提供するため、当初の公開買付期間終了後の米国東部時間2010年6月3日から6月7日までの間Subsequent Offer Periodを設定し、引き続き買付けを実施した。

Subsequent Offer Periodの終了時点で、当初の公開買付期間の応募分も含め、OSIPharmaceuticals社の発行済株式総数の約93%に相当する57,232,357株の応募があった。

現在、アステラス製薬はOSI Pharmaceuticals社の発行済株式総数の90%以上を保有しているため、デラウェア州法に従い略式合併(Short-form merger;OSI Pharmaceuticals社の株主総会決議を要しない合併手続き)により、速やかにOSI Pharmaceuticals社の買収を完了する予定。

合併手続きが完了次第、OSI Pharmaceuticals社は当社の米国持株子会社アステラスUSホールディングInc.の100%子会社となり、ナスダック・グローバル・セレクト・マーケットにおけるOSI Pharmaceuticals社の普通株式の取引は停止されることになる。

※ Subsequent Offer Period
当初公開買付期間が終了した後、当初公開買付期間終了前に応募しなかった株主に対して、引き続き株式の応募の機会を提供することができる期間を設定する制度。