事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. IGポート<3791>グループのプロダクション・アイジー、竜の子プロダクションの株式を取得

M&Aニュース 2010年

IGポート<3791>グループのプロダクション・アイジー、竜の子プロダクションの株式を取得

2010年6月2日

アニメーション制作・版権管理を行なうIGポートグループのプロダクション・アイジー(以下「アイジー」)は、竜の子プロダクション(以下「タツノコプロ」)の株式を取得し、あわせてIGポート代表取締役の石川氏がタツノコプロの非常勤取締役に就任予定となったことを発表した。

アイジーは、タツノコプロの株式4,640株(11.2%)を取得する。取得額は不明。

タツノコプロは昭和37 年に設立され、日本のアニメーションの黎明期を支えたアニメーション制作会社のひとつ。「科学忍者隊ガッチャマン」「ヤッターマン」など数多くのアニメーション作品の原作権を保有するコンテンツホルダーでもあり、2005 年より株式会社タカラトミーの傘下に入り、豊富なコンテンツ資産を生かしたアニメーションと玩具ビジネスとの相乗効果を図ることで実績を残している。

今後はタツノコプロ・アイジー両社は連携を深め、タツノコプロのアニメーション制作にアイジー社のノウハウを活用することで、タツノコプロのプロダクション機能の強化・充実を図り企業価値の向上を目指し、また同時にアイジー社がタツノコプロの保有するアニメーション原作を用いたアニメーション作品の制作を検討するなど、両社の強みを最大限に活かして、相乗効果を高める。

また今後の展開として、タツノコプロの筆頭株主であるタカラトミーとの連携を強化することにより、業務提携の可能性も検討する。