事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. 豊田通商<8015>、ビスケーホールディングス<7542>を株式交換により完全子会社化

M&Aニュース 2010年

豊田通商<8015>、ビスケーホールディングス<7542>を株式交換により完全子会社化

2010年5月28日

豊田通商は、株式交換によりビスケーホールディングスを完全子会社化する。

豊田通商とビスケーホールディングスは、平成19年4月に資本・業務提携契約を締結し、同時に豊田通商がビスケーホールディングスの第三者割当増資を引き受け、両社間の得意分野を生かした共同事業創出に取り組むなど、シナジー効果を追求してきた。
しかし、昨今のアパレル業界の事業環境を踏まえ、両社が機動的かつ柔軟な経営体制のもと、両社それぞれが保有する経営資源を、双方が一層緊密かつ有効に活用し、事業体制を再構築していく必要があるとの認識に至たった。

今回の株式交換では、ビスケーホールディングス1株に対して、豊田通商の株式0.05株を割当交付する。豊田通商は、保有する自己株式259,072株を、ビスケーホールディングスの株主に交付する。
この株式交換の効力発生日に先立ち、ビスケーホールディングスの普通株式は大阪証券取引所JASDAQ市場において上場廃止となる予定。

本日の終値で計算したビスケーホールディングスの豊田通商による買収価額は、329百万円となる。