事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. 豊田通商<8015>とトーカン<7648>が業務資本提携

M&Aニュース 2010年

豊田通商<8015>とトーカン<7648>が業務資本提携

2010年5月17日

トーカンは、食品卸事業を主力とし、主に東海地区でのコンビニエンスストア、量販店、外食企業向けに事業を展開している。
一方豊田通商は、将来的には事業収益バランスで、自動車分野:非自動車分野=50:50の実現を目指している。
このような背景のもと、両社は、新規顧客の獲得、食品卸事業の競争力増強、海外事業展開、調達の安定化、その他新規事業の開拓を目指し業務提携する。

また、豊田通商とトーカンは、業務提携による豊田通商とトーカンとの信頼・協力関係をさらに強固なものにするとともに、事業規模の発展・拡大を実現するために、豊田通商がトーカンの保有する自己保有株式212,000 株を取得する。
豊田通商が所有することとなるトーカン株式の所有株式数は、豊田通商の100%子会社である豊通食料保有する10,000株と合わせて、トーカンの普通株式の発行済株式総数に対して3.14%の割合となる。