事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. 日本紙パルプ商事<8032>子会社、米グールド社の株式を取得、子会社化

M&Aニュース 2010年

日本紙パルプ商事<8032>子会社、米グールド社の株式を取得、子会社化

2010年4月23日

日本紙パルプ商事は、取締役会及び連結子会社Japan Pulp & Paper(U.S.A.)Corp.(以下、JP U.S.A.)の株主総会において、JP U.S.A.がGould Paper Corporation(以下、グールド社)の株式の51%を取得することにより、グールド社を孫会社化することを決議した。

グールド社は、ニューヨークに本社を置きアメリカ東海岸から中部に10拠点、また、イギリス、フランス、フィンランド、ニュージーランドなどアメリカ以外にも拠点を持ち、印刷用紙、板紙、製紙原料を中心に欧米での豊富な仕入先と、世界規模での卓越した販売網を有する独立系大手紙商社。
2009年12月期の売上高は710,910千米ドル。

JP U.S.A.はグールド社の株式を432,923株(51%)取得し、子会社化する。
取得予定価格は約8百万米ドル(約7億円)

両グループは、既存の商圏、サプライヤー、顧客基盤に重複する部分が少ないことから、相互にシナジー効果が見込まれ、本提携により世界規模での仕入基盤・販売基盤の拡大を可能ならしめ、今まで以上に幅広いサービスの提供を目指す。