事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. キョウデン<6881>、昭和KDE<1701>の株式に対して公開買付を実施

M&Aニュース 2010年

キョウデン<6881>、昭和KDE<1701>の株式に対して公開買付を実施

2010年3月5日

キョウデンは、発行済株式の48.57%を保有する昭和KDEの完全子会社化を目的として、昭和KDEの普通株式に対して公開買付を実施する。昭和KDEは、この公開買付に賛同の意見を表明している。

両社は、プリント配線基盤事業を中心として協業を重ね、一定の効果を発揮してきた。しかしリーマンショック以降、昭和KDEの受注量が急減したため、効率化等を両社で検討してきたが、更なる成長を図るためには、営業の強化や生産の一層の効率化を図る必要があると判断し、昭和KDEの完全子会社化を目的に公開買付を実施する。

買付期間は、平成22年3月8日から平成22年4月19日まで。
買付価格は、普通株式一株につき130円。
買付予定株式数は、20,179,121株。
今回の公開買付には下限が設定されており、下限に満たない場合は買付を行わない。買付予定株式数の下限は10,035,000株。

今回の本公開買付けの結果次第では、昭和KDEの株式は東京証券取引所の上場廃止基準に従い、所定の手続きを経て上場廃止となる可能性がある。

本日の昭和KDEの終値で、今回の公開買付のプレミアムを計算すると27%となる。