事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. キヤノン<7751>、蘭オセ社をTOBにより子会社化

M&Aニュース 2010年

キヤノン<7751>、蘭オセ社をTOBにより子会社化

2010年3月4日

キヤノンは、平成21年11月16日開催の取締役会において、オランダのOce N.V.(以下「オセ社」)の普通株式に対する公開買付けを決議し、平成22年1月29日より公開買付けを実施してきたが、本公開買付け期間が同年3月1日で終了し、成立したことを発表した。

オセ社は、オランダにおいて文書・産業用印刷システム、高速大判デジタルプリントシステム等の開発・製造・販売事業を行なっている。2009年11月期の売上高は1ユーロ=120円で換算すると3,177億円。

普通株式1株につき8.6ユーロにてオセ社の応募普通株式36,520,160株全部の買付を行なう。
買付総額は314百万ユーロ、1ユーロ=120円で換算すると377億円相当となる。

キヤノンの株券等所有割合は、買付開始前に28.3%であったが、本公開買付けにより71.3%となる。

本提携により、キヤノンは、2006年より推進する5ヵ年計画「グローバル優良企業グループ構想」に基づき、現行主力事業のプリンティング業界において世界No.1の実現を目指す。