事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. SBIホールディングス<8473>、サーチナの株式を取得、子会社化

M&Aニュース 2010年

SBIホールディングス<8473>、サーチナの株式を取得、子会社化

2010年2月10日

SBIホールディングスは、日本最大の中国情報サイトの運営等を行うサーチナの株式をサーチナ社代表取締役等から取得し、子会社化することを発表した。

SBIホールディングスが、サーチナの株式3,730株(議決権ベースで75.7%)を取得し、すでにサーチナ社に4.9%出資しているSBI子会社のモーニングスターの議決権と合わせて、グループの議決権比率は80.6%となり、サーチナはSBIホールディングスの連結子会社となる。(取得額不明)

サーチナ社は、月間9 千万ページビュー・月間372 万ユニークユーザーを有する日本最大の中国情報サイト「サーチナ」の運営のほか、ヤフー・ファイナンスや証券会社等合計30 社への中国株価情報の提供、および42 万人の中国人モニターを抱える中国専門シンクタンクの上海サーチナを通じた、中国進出企業向けのマーケティング、リサーチ、レポート提供を行っている。

株式市場の世界的な連動性が高まり、企業の海外進出が進むなか、日本の投資家および企業
にとって世界の経済・金融関連情報の重要性はますます高まっている状況を鑑み、SBI グループではネット証券等の金融サービス事業に加え、「グローバル金融関連コンテンツ事業」へ注力する。