事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. 須田忠雄会長のやすらぎ<8919>に対する公開買付けが終了

M&Aニュース 2010年

須田忠雄会長のやすらぎ<8919>に対する公開買付けが終了

2010年1月16日

中古住宅再生事業を行なうやすらぎの創業者であり取締役会長である須田忠雄氏が平成21年11月27日から実施していた、同社に対する公開買付けが平成22年1月15日に終了した。

この買付けの結果、応募株券等の総数(3,278,901株)が買付け予定数4,787,700株を下回ったものの、上限および下限が設定されていないため、応募株券等の全部の買付けを行う。

普通株式1株につき370円、取得価額総額は1,225百万円。

公開買付け開始前、須田会長はやすらぎの議決権の17.52%(36,322個)を保有していたが、本公開買付けにより議決権割合が33.34%(69,121個)となる。

公開買付者は、当社株式を非公開化する意向はなく、今後名証セントレックスの上場廃止基準に抵触しない限り、上場は維持される見込み。