事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2010年
  5. 第一三共<4568>の米子会社が米PharmaForceを子会社化

M&Aニュース 2010年

第一三共<4568>の米子会社が米PharmaForceを子会社化

2010年1月6日

医薬品大手の第一三共の米国子会社であるLuitpold Pharmaceuticals, Inc(以下、ルイトポルド社)は、米国オハイオ州の非上場企業であるPharmaForce,Inc(以下、ファルマフォース社)の全株式を取得した。買収金額は不明。

ファルマフォース社は、ニッチ領域におけるジェネリック注射剤の開発・販売に特化してきた。ルイトポルド社は、ファルマフォース社の卓越したANDA(注)承認取得能力を活用し、製品ラインの充実に貢献させ、相乗効果の早期実現を推進する。

(注)ANDA: ジェネリック医薬品販売に必要なFDA医薬品簡略承認申請

ルイトポルド社のマルチソース医薬品(ジェネリック注射剤)は、既に約100 百万米国ドル(約90 億円)の売上規模があり、自社の主力品ヴェノファーと共に、収益の1柱として位置づけられる。米国ジェネリック注射剤市場では、今後ブランド品のパテント切れにともなう市場拡大が予測されており、ファルマフォース社の買収により、引き続き収益の拡大を目指す。