事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2009年
  5. 中小企業信用機構<8489>、ニッシン債権回収<8426>と資本、業務提携で基本合意

M&Aニュース 2009年

中小企業信用機構<8489>、ニッシン債権回収<8426>と資本、業務提携で基本合意

2009年12月11日

中小企業信用機構とニッシン債権回収は、中小企業信用機構がニッシン債権回収に対し第三者割当増資を行うことを契機に、資本及び業務提携を行うことで基本的に合意した。
資本業務提携することで、債権回収業務上のシナジー効果の追求を図り、相互の事業体制を強固にする。

発行期日平成21年12月29日に、中小企業信用機構がニッシン債権回収に割当てる普通株式は、2,307,600株、一株当たり発行価額は260円、発行総額は599百万円。
この第三者割当増資の引受により、ニッシン債権回収の保有割合は12.79%となる。

今後、両社は、①中小企業信用機構の不良債権の処理に関して、早期解決を図ることを目的に、ニッシン債権回収の有するノウハウの提供を中小企業信用機構に対して行う業務。②中小企業信用機構の不良債権に関し、ニッシン債権回収が中小企業信用機構から債権管理の委託を受ける業務。③共同で中小企業の企業再生を図っていく業務。④その他の業務提携が可能な業務等を中心に協議を重ねていく。

また、中小企業信用機構は、NISグループ<8571>が保有するニッシン債権回収株式153,139株を、一株当たり1,959円で取得する予定。取得価額は299百万円。中小企業信用機構の保有割合は8.94%となる。