事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2009年
  5. 大明<1943>、コミューチュア<1932>、東電通<1955>が共同持株会社設立による経営統合に関する基本覚書を締結

M&Aニュース 2009年

大明<1943>、コミューチュア<1932>、東電通<1955>が共同持株会社設立による経営統合に関する基本覚書を締結

2009年11月27日

大明、コミューチュア、東電通の3社は、本日、経営統合を行うことについて基本合意に達し、覚書を締結した。

3社は、2010年4月または5月を目途に経営統合に関する本契約を締結し、まず第一段階として、共同して株式移転を行うことにより2010年10月を目途に共同持株会社を設立し、各社はその子会社として、持株会社の傘下に入る。

第二段階として、グループ会社も含めた全事業を、再編・統合することを検討し、持株会社の下に新たに事業会社を設立するなど、最適な体制を構築する。

ユビキタス社会が実現しつつある中、3社が行う情報通信エンジニアリング事業を取り巻く事業環境は、技術の進化、顧客ニーズの多様化等により近年大きく変化していた。

本統合により、営業基盤・事業エリア・得意分野を相互に補完し、全国的な施工体制の強化、工事基地・支店・資材倉庫などの経営資源の相互活用、営業力の強化などのシナジー効果の実現を目指す。