事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2009年
  5. 応用地質<9755>、エヌエス環境<4675>を株式交換により完全子会社化

M&Aニュース 2009年

応用地質<9755>、エヌエス環境<4675>を株式交換により完全子会社化

2009年11月20日

応用地質は、応用地質を完全親会社、エヌエス環境を完全子会社とする株式交換を行う。
応用地質は、現在エヌエス環境の発行済株式の68.11%所有している。

エヌエス環境を株式交換により完全子会社化することで、グループ内の事業協働体制を強化し、環境分野の社会ニーズに対応し、迅速な意思決定と柔軟で効率的な経営施策を実施することが必要との認識の下、多角化・総合化する環境事業を積極的に展開し、「市場におけるシェア拡大」と「民間市場を中心に業際分野を対象とする新市場の創出・開拓」を推進する。

今回の株式交換で割当てる株式数は、エヌエス環境普通株式1株に対して、応用地質株式0.75株。応用地質が交付する株式数は915,819株となる予定。

本日の終値674円で取得価額を計算すると、617百万円となる。