事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2009年
  5. DPGホールディングス<3781>、チャイナクイックのSPARKSを完全子会社化

M&Aニュース 2009年

DPGホールディングス<3781>、チャイナクイックのSPARKSを完全子会社化

2009年11月11日

店舗設計・広告などのDPGホールディングス<3781>は、平成21年12月31日が猶予期限となっていた債務超過の解消及び収益基盤確立のため、チャイナクイックのSPARKSを株式交換により完全子会社化する。これにより、DPSホールディングスの財務体質が改善し、SPARKSの経営陣がDPSホールディングスの筆頭株主となる逆取得となる。

株式交換の効力発生日は、平成21年12月21日を予定。
SPARKS株1株に対してDPSホールディングス株36株を割り当てる。

SPARKSにおいては、出店コストの削減、効率的な店舗運営などに加え、今後5年間において、都内での10店舗程度の出店及び既存店舗のダブルブランド化、さらにフランチャイズ店舗による全国展開を予定する。