事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2009年
  5. 中央電気工業<5566>、住友金属工業<5405>のリチウムイオン電池負極材料事業及び住金モリコープ株式を取得

M&Aニュース 2009年

中央電気工業<5566>、住友金属工業<5405>のリチウムイオン電池負極材料事業及び住金モリコープ株式を取得

2009年10月28日

住友金属工業の持分法適用関連会社である中央電気工業は、住友金属工業のリチウムイオン電池の負極材料である黒鉛の製造・販売事業、及びリチウムイオン電池の負極材料である合金系材料の製造・販売を行う住金モリコープの発行済株式の100%を取得する。

中央電気工業は、リチウムイオン電池の正極材料の原料として用いられる硫酸マンガン化成品の製造・販売事業、及びニッケル水素電池の負極材料である水素吸蔵合金の製造・販売事業を行っており、今回の統合で住友金属工業グループでの二次電池材料事業の集約を図る。

中央電気工業は、平成21年12月1日を分割予定日とし、住友金属工業から住金モリコープ株式を含んでリチウムイオン電池の負極材料である黒鉛の製造・販売事業を承継し、吸収分割の対価として住友金属工業に普通株式4,000株を交付する。