事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2009年
  5. グラウンド・ファイナンシャル・アドバイザリー<8783>、21世紀アセットマネジメントを子会社化

M&Aニュース 2009年

グラウンド・ファイナンシャル・アドバイザリー<8783>、21世紀アセットマネジメントを子会社化

2009年10月2日

不動産流動化・証券化の組成・提案を行うグラウンド・ファイナンシャル・アドバイザリーは、機関投資家向け私募投資信託の運用を中心とする独立系の投信投資顧問会社である21世紀アセットマネジメントの株式を取得し、子会社化することを発表した。

グラウンド・ファイナンシャル・アドバイザリーは、21世紀アセットマネジメントの既存株主であるアセット・マネジャーズ・ホールディングスより株式4,800株(所有割合:23.2%)及びアエルコーポレーションより株式1,200 株(所有割合:5.8%)を総額48 百万円にて取得。また合わせて普通株式21,000 株を総額252 百万円(1 株につき12,000 円)で引き受け、合計27,000株を保有し子会社化する。

取得後の保有比率は64.8%で、21世紀アセットマネジメントはグラウンド・ファイナンシャル・アドバイザリーの連結子会社となる。

本提携により、独立系の投信投資顧問会社として運用能力に定評があり、機関投資家等とのパイプを有する21世紀アセットマネジメントを子会社化することで、金融投資商品に係る製造・組成機能、運用機能、販売機能を取り込むことが狙い。