事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2009年
  5. 大日本住友製薬<4506>、米国医薬品会社セプラコールを買収

M&Aニュース 2009年

大日本住友製薬<4506>、米国医薬品会社セプラコールを買収

2009年9月3日

大日本住友製薬は、米国マサチューセッツ州マールボロに本社を置き、NASDACに上場しているセプラコールを、大日本住友製薬が米国に新たに設立する買収子会社を通じて、TOB及びそれに続く現金を対価とする合併により買収する。

TOBは2009年9月3日から7営業日以内に開始し、開始後20営業日で終了する。
一株当り買取価格は、23米ドル(日本円約2,122円、本日の終値92.3円で換算)プレミアム27.6%。
買付に要する資金は、26億ドル(2,400億円)。

この買収により大日本住友製薬は、セプラコールの強固な販売網を活用し、統合失調症治療剤「ルラシンドル」の速やかな市場浸透、早期の売上最大化を図る。